シアリス 勃起不全治療剤

シアリスを20代で服用しても大丈夫?

年齢は関係ない!

シアリスを20代で使ってるケースはどれくらい?

ED治療外来を20代の方が受診するケースは増加傾向にあります。

シアリスは20代の方にも多く使用されています。20代のEDのほとんどが、メンタルの乱れからくるものがほとんどです。原因はストレスからくることが多く、緊張、不安やプレッシャーが性的刺激を上回ってしまうことで勃起力が低下してしまいます。若年層だと、働きすぎて精神的に疲れてしまったり、経験不足や初めての性行為と想像とのギャップが大きすぎたりなどが原因として挙げられています。

こうした問題を抱える若い男性が、ストレスにより勃起力が低下してしまうケースが増えているので、20代でシアリスを使用するケースは珍しくありません。

薬剤へのアレルギーがない健康な成人男性であれば問題なく使用できます。

シアリスは加齢が原因による勃起力低下だけではなく、「心因性ED」にも効果があるので、20代の方でもシアリスは問題なく使用できます。心因性EDは、自律神経の乱れが大きく影響しています。ストレスにより乱れた自律神経が血管を収縮させてしまうことで、ペニスに血流が届きにくくなり、勃起力が低下してしまいます。

シアリスは収縮した血管を拡張し血流を促進させるので、安定した勃起を維持できます。この効果は、年齢に関係なく身体に作用するので、20代の方でもシアリスを使用することで、勃起力を改善する効果が認められています。つまり、シアリスは年齢による効果の差を感じることなく服用できるのです。ただし、薬剤へのアレルギーや持病をお持ちの方は使用できませんのでご注意ください。

シアリスが他のED治療薬より20代に多い若年性EDに効果的なワケは?

シアリスは長く作用するので余計なことを気にせず本番に集中できます。

シアリスは抜群の効果時間から、性行為までの時間を計算する必要性がありません。従来のED治療薬は副作用が強くでたり効果が長く続かないため、副作用のことで不安になったり、効果時間内に済ませることがプレッシャーとなることがありました。
シアリスの効果は最大で30時間以上続き、副作用も軽度なので、不安や焦りを一切感じることなく、落ち着いてしっかりと集中して本番に臨めます。

陥りやすい若年性ED3種類の傾向を把握しておきましょう。

20代のEDは、心に多くのストレスを抱える心因によることがほとんどです。そもそもなぜ若い方にも発症してしまうのか、それは現代の社会環境が影響し、今の若い世代の考え方が周囲とのギャップを生んでいることが大きな原因です。これにより、強いストレスを受けた若い方たちが心因性EDを発症してしまうと考えられます。
では、どういった症状になってしまうのか。ここで陥りやすい3つのタイプの若年性EDの原因を、具体的な例を交えながら見てみましょう。

過度の緊張や不安によるED

最も頻繁に起こるといわれている若年性EDのひとつです。性交経験が初めての場合や、初めて新しいパートナーと性行為をするときに発症してしまうことが多くあります。性交経験が少ない方や、女性に対して消極的な男性にも起こりやすいとされています。原因として「もし失敗したら…」という恐れや「下手だと思われたくない」といった焦りの感情が性的刺激より強く作用することで起こります。

特定の相手のみに対するED

20代後半の男性に多くみられ、風俗などでは勃起するのに、彼女や妻となると勃起しないタイプのEDです。長くパートナーと過ごすことにより慣れてしまい、見た目に性的興奮を感じなくなることで起こってしまいます。彼女と長く同棲していたり、結婚生活をしている方に多くみられます。

実際の性行為と想像のギャップによるED

仮想世界のアニメ・ゲームや、AVなどを主体にマスターベーションをしている方に多く見られるEDです。容姿のギャップや相手の反応が想像と違うなど、戸惑いが性的興奮を萎えさせてしましまうことで発症します。インターネットが普及した現代だからこそ起こる新しいEDです。

若年性EDの改善するには「自信を持つこと」が大切!

セックスを成功させることにより、男としての自信を取り戻すためには、本番に対して「成功経験を得ること」が大切です。まず成功経験を得ないと自信につながりません。つまり、成功さえしてしまえば本番に対する不安は自信に代わるのです。

経験不足や本番で失敗経験があったりすると心因性のEDになりがちですが、ここで重要なのは、とにかく勃起させること。ここでシアリスをはじめとしたED治療薬を使うことで、勃起力を改善の方向に持っていき、セックス自体をもっと受け入れられる環境を作れます。