シアリス 勃起不全治療剤

シアリスを使って妊娠しても問題ない?赤ちゃんに与える影響は?

飲んで妊娠大丈夫!

シアリスが妊娠後に胎児に悪影響を与える可能性は?

シアリスが胎児へ何かしらの影響を与えることはありません。

シアリスを使用すると「精子に影響があるのでは」「子供に障害を残すのでは」といった心配をされる方が多くいらっしゃいます。しかし、ED治療薬には胎児に影響を与えるような成分は含まれていません。

シアリスは勃起が続くように、元々体内にある物質に働きかける薬です。新たに体内にない物質を生成したり、細胞自体に働きかける薬ではないので、精子や遺伝子への影響がでることは基本的にあり得ないと考えられています。

外国人を対象とした別の臨床試験では、シアリスの服用後することにより、精子の運動性や形に変化はなかったという結果がでています。外国人と日本人でシアリスの薬物動態が類似していることは、日本での承認時に行われた臨床試験の結果により確認されています。

有効成分が精子中に移行する量は投与量の“20万分の1”!

外国人の健康な成人男性にタダラフィル100mgを単回投与した臨床試験では、有効成分の血中濃度がピークに達する時間帯を過ぎた段階(服用して5時間後)で、全投与量の0.0005%(20万分の1)しか精液中に移行しないことが確かめられてます。

承認されているシアリスの最大用量は1回あたり20mgなので、実際に服用した後で精子中に移行する有効成分の量は更に少なくなります。

シアリスを使うことで妊娠にどんなメリットがあるの?

シアリスは不妊治療で活躍しています。

シアリスは、不妊治療でお悩みの男性に最も多いとされる「排卵日ED」にも非常に効果的です。排卵日EDとは、妊娠を成功させたいという気持ちが心理的なプレッシャーとなり、勃起の持続力を低下させてしまうというものです。プレッシャー以外にも、排卵日を意識しすぎるあまり性行為が作業的になり楽しめなくなるケースがよく見られます。

排卵日EDは、パートナーの気持ちをストレスとして受け取らず、時には相談しながら改善していくことが理想です。しかし、パートナーが妊娠に対してストイックになっている場合、なかなか思うようにはいきませんよね。シアリスはこういった排卵日EDのケースでも多く活躍しているのです。

シアリスは食事の影響や効果時間といった不安要素も無くしたことで、心因性のEDにも大きな効果を発揮できます。ED治療薬を活用しながら、心理的なプレッシャーを上手にケアすることが、妊娠への第一歩になるでしょう。

妊娠をしやすくするためにシアリスの使用と並行して実践するべきことは?

精子の質や量を高めるために生活習慣を見直しましょう。

妊娠の確率を高めるためには、シアリスで勃起を正常に成立させて性行為の頻度を維持することはもちろん、精子の質を向上させる必要があります。精子の質は加齢とともに劣化していくとされていますが、生活習慣を見直すことで改善させることができます。

喫煙の頻度を減らす

煙草を吸うと、通常より精子量が10~24%減少してしまいます。また、精子の運動性が低下し、正常な形態の数も低下してしまいます。それにより、妊娠する確率が低くなってしまうことがアメリカ生殖医学会の研究で明らかになっています。妊娠を望むパートナーや産まれてくる子供のためにも、少しずつ本数を減らしていくように心掛けましょう。

過度の飲酒を控える

飲酒=不妊ということではありませんが、度を越えてアルコールを摂取し続けると精子に少なからず影響がでてしまいます。過度の飲酒は精子を作る力を下げ、生殖能力を低下させてしまいます。しかし、適度の飲酒はストレスやプレッシャーを軽減でき、妊娠に効果的な場合もあります。

また、お酒好きの方が無理に禁酒をし、ストレスになっては逆効果です。あくまで目安ですが、「週に1日か2日に少量」が妊娠に影響が出ない、安心して飲める適度な飲酒量とされています。適量なアルコールは問題ないですが、過度の飲酒は避けるべきでしょう。

精子の質を高める食事

男性の精子の質や運動量を向上させるには、「亜鉛」が必須とされています。亜鉛が不足していると、精子の数と運動率が減少し奇形率が増え、男性不妊の原因になってしまいます。

また、妊娠の確立を下げる原因として肥満も挙げられています。肥満によりホルモンの値をが変化したり、過剰な脂肪が精巣まわりを加熱してしまい、精子に悪影響を与えてしまいます。日々の食事では、亜鉛を含む食材の摂取を心掛け、脂っこい食事や食べ過ぎには気を付けましょう。