シアリス 勃起不全治療剤

シアリスとお酒。アルコールとの相性や飲酒のコツを紹介!

適量なら大丈夫!

シアリスはお酒と一緒に飲んでも大丈夫?

シアリスは他のED薬に比べてお酒の影響を受けません。

お酒を飲んだ状態でセックスに臨むことは珍しいことではないと思います。従来のED薬に比べてシアリスは飲酒の影響を受けにくい特徴があります。なので、シアリスならお酒ありのデート後の方も安心して使えます。シアリスは、こうしたライフスタイルにも合わせられる汎用性が高いED薬なのです。

本番で適度にリラックスするならお酒の量はほどほどに。

適度にお酒を飲むことで本番で気持ちをリラックスさせる方もいます。しかし、深酒をしてしまうと、薬の効果や勃起そのものに悪影響を及ぼすこともあります。

そもそも、過度のアルコールの摂取は生活習慣からくるEDの原因のひとつとされています。そして、飲みすぎてしまうとシアリスの、頭痛や吐き気といった副作用を強めたり、効果自体が弱まってしまうケースも存在します。なので、お酒の飲みすぎには十分注意して本番に臨みましょう。

シアリスとアルコールを同時に摂る際の上手なお酒の飲み方は?

空腹状態で飲酒すると血中アルコール濃度が高まりやすくなります。

血中アルコール濃度は、飲酒して吸収したアルコールが血中に移行した状態のことです。血中アルコール濃度の数値が0.31%を超えると泥酔期といい、かなり悪酔いしているとされています。

空腹状態で飲酒すると、アルコールが急速に胃から腸へ流れます。そうすると肝臓がうまくアルコールを処理できず、直接胃や腸に吸収されてしまうことでアルコール血中濃度が高くなってしまいます。

酔いにくい飲み方。

結果、酔っ払わないほうがシアリスはしっかりとした効果を発揮します。そのためにはどのような飲み方が酔いにくいのか、ここで確認しておきましょう。

胃に食べ物を入れてから飲む

そのため、シアリスと併用してお酒を飲むときは、少しでも胃に食べ物を入れておきましょう。そうすることで、アルコールの吸収を遅くすると、よりシアリスの効果を引き出せます。

水と一緒に飲む

お酒と水を並行して飲むことで、体内のアルコールを中和させ、代謝を活発にさせることで、悪酔いを防ぎます。ともに、アルコールを分解するために必要な水分が補給できるので、脱水症状も防ぐことができます。

度数の高いお酒を選ばない

ご存じのとおり、酔いづらいお酒はアルコール度数が低いものです。度数の低いお酒をなるべく意識して飲むことで、アルコール血中濃度を抑えられます。

飲むお酒の種類をコロコロ変えない

お酒を飲む際に、色々な種類のお酒を飲んでしまうと、口当たりが変化し、気づかぬ内に飲む量が増えてしまう傾向があります。ですので、シンプルに飲む量を減らすためにも、なるべく一種類のお酒を飲むように意識してみましょう。

シアリスと相性のいいお酒のつまみは?

酔いにくくなるおつまみ。

飲酒時にシアリスの効果を惜しみなく発揮させるには、できるだけアルコールの影響を受けないことが大切です。そして、アルコールの影響で副作用を強く受けないためにも、どのようなおつまみが効果的なのか見てみましょう。

枝豆・焼き鳥・など

揚げていない油分が少ない肉類等は、肝臓がアルコールを処理する際に必要とするタンパク質が豊富に含まれています。食べるとアルコールの吸収を穏やかにする肝臓の働きを助けてくれます。また、枝豆にはアルコールの分解そのものを促進する作用もあるので一石二鳥です。

アサリ・イカ・タコなど

これらにはタウリンが含まれていて、肝臓機能を活性化させる胆汁の分泌を促してくれます。居酒屋のメニューには必ずあるので、一つは注文しておきましょう。

食べ過ぎないことも重要。

アルコールの対策として効果のあるものを意識して食べるのはいいことですが、あくまでも食べ過ぎにはご注意を。食べ過ぎてしまうとシアリスの効果がなかなかでなかったり、効果が薄まったりすることもあります。せっかくのシアリスの効果を活かすためにも食べ過ぎず、飲みすぎず、バランス良く食事やデートをお楽しみください。